おすすめのルテインサプリの成分とは

現代ほど、眼を酷使しているときはありません。
テレビだけや新聞だけだった昔とは大きく違い現在はネットの普及でパソコンやスマートフォンで常にブルーライトを浴びています。
眼の悩みは、最近では若い世代にも広がり、多くに人が眼の疲れを持っています。
ブルーライトを削減するメガネやソフトウェアなどの商品が販売されています。
しかし、体内からも眼を保護してサポートすることが必要であると言われています。
その眼にいい成分として、最近多く販売されているルテインのサプリですが、その配合されている成分が重要です。
おすすめの、ルテインはまずアントシアニンがあることです。
アントシアニンがあることで、ルテインの作用を促すことができ、目の血流を良くしていきます。
次にルテインとゼアキサンチンを5対1の割合で配合されたものです。黄斑変性症の発症リスクを57%低下し、進行リスクを26%減少させるという報告データもでています。
5対1という割合が、大事になり作用が高めてくれます。
他にも、出来ればアスタキサンチンや、亜鉛や銅などの微量元素が配合されているさらに効果的になります。
ただ、サプリは毎日続けることでその作用が持続します。
そのためには、続けることができる価格もおすすめポイントです。
成分と価格で、コストパフォーマンスがいいものを選ぶのが眼のためには大事です。
価格だけで、判断するのではなくその成分内容も同時に考慮していくといいものが選べます。